沿革

Corporate History

2007年 地域資源であるシラスの全量活用に挑戦するため、株式会社プリンシプルを設立

 

2008年 シラスコンクリート用細骨材製造開始

 

2009年 経済産業省 地域産業資源活用事業として認定

      普通シラスの工業資源化を実証、シラスバルーン製造開始

      (独)科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 地域ニーズ即応型に採択


2010年 鹿児島県商工労働水産部 中小企業経営革新支援事業 に採択

2011年 日本政策金融公庫 地域資源活用支援 採択

2017年 シラスの全量活用に日本国内で初めて成功(東京大学・プリンシプル・鹿児島県工業技術センター)
      経済産業省 新市場創造型標準化制度(日本工業規格:JIS認定支援) 採択

2019年 平成30年度日本材料学会 論文賞 受賞(鹿児島県工業技術センター・東京大学・プリンシプル)

2020年 コンクリート用火山ガラス微粉末(JIS A 6209:2020)制定

​     【​経済産業省ウェブサイト:2020年3月23日】

      日本産業規格(JIS)を制定・改正(2020年3月分)

      -コンクリート用火山ガラス微粉末、換気カプセル形発汗量測定器などのJISを制定・改正-

      https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200323001/20200323001.html

      (資料2)コンクリート用火山ガラス微粉末のJIS制定

​      https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200323001/20200323001-2.pdf

 

     【​経済産業省九州経済産業局ウェブサイト:2020年3月30日】

      新市場創造型標準化制度の活用により新たなJIS規格が制定、九州第1号達成案件

      https://www.kyushu.meti.go.jp/seisaku/gijyutu/oshirase/200330_1.html


      第48回(2020年度)セメント協会 論文賞 受賞(東京大学・鹿児島県工業技術センター・プリンシプル)